« 茶会明けの光悦寺 | トップページ | 吉野太夫縁の常照寺(じょうしょうじ) »

2006/11/14

改修後の源光庵

0611146
伽藍の改修の為2年間拝観出来なかった源光庵ですが
10月に漸く修理も完了。
沢山の参拝者で賑っていました。

白と黒のコントラストが面白い山門です。


06111413
これは…。
萬福寺(まんぷくじ)にある魚梛(かいぱん)と同型のモノでしょうか?

魚の原型と云われていて
食事の時間を知らせるのに使われていたそうです。
玉を咥えているのは煩悩を捨ててない証拠とも(笑


06111411
可愛らしい掛け軸。
お地蔵さんがお出迎えv


0611147
左が禅と円通の境地を意味する 「悟りの窓」 と
右が人間の煩悩を象徴する生老病四苦八苦を表す 「迷いの窓」 です。

円は宇宙を表し一切の苦悩がない安らいだ心を
四角は人の一生を象徴し悟りが開かれていない不安定な心を
表現しているそうです。

伏見城の遺構 「血天井」 の本堂から写しました。 
(血天井の写真も撮ろうと思ったのだけど
 あまりに生々しく怖くなったので止めました。)


0611148
悟りの窓から臨む風景。
白い山茶花の花と色付き始めたばかりの紅葉です。
真っ赤に染まった景色も美しいですが
コレはコレで…。

何を見て何を想うのかは
その人の心次第…なんでしょうね。


0611149
迷いの窓がある部屋の床の間。
甲羅があるから カメ かな?
だけど耳がピョコンってあるしなぁ…。
船岡山が近いから 玄武 なのかな??


06111410
奥行きがある(ように見える?)立派なお庭です。
雪の降る頃にまた見てみたいものです。


06111412
厳めしいお顔がラブリーだったので
撮らせて頂きました。
後光もさしてます(笑



源光庵(げんこうあん)
  拝観料…400円(値上がりしたみたい)
  拝 観…9:00~17:00
  交 通…地下鉄烏丸線北大路駅から市バス北1系・鷹峯源光庵前下車

|

« 茶会明けの光悦寺 | トップページ | 吉野太夫縁の常照寺(じょうしょうじ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31314/13309488

この記事へのトラックバック一覧です: 改修後の源光庵:

« 茶会明けの光悦寺 | トップページ | 吉野太夫縁の常照寺(じょうしょうじ) »