« 2004年3月18日 | トップページ | 2004年7月12日 »

2004/07/11

蓮の花を愛でよう

◆そうだ2 1日目 @JR東京駅

予告通り再び京都の旅へ出発です。
今回は事前に(旅行社を通して)宿と新幹線のチケットを手配。精神的に余裕です。おまけに のぞみ を使ってもコチラの方が安いようですし…お財布的にも余裕です(笑)

因みに今回の旅の目的は 『蓮の花』 と 『祇園祭』 です。果たしてどんな旅になりますやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさぶり

◆そうだ2 1日目 @JR京都駅

荷物のデリバリーをお願いしようと思っていたのですが、ヤッパリパソコン入れたままじゃ無理だよねぇ…。
仕方なく一時預かりしていただくコトになりました。でもまぁ、この後、宇治に行く予定なので京都駅には戻って来なきゃなワケだから、ま、いっか!なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉢植えなんだ…

◆そうだ2 1日目 @三室戸寺

観蓮は午前中限定なので途中下車。まずはココから。
石畳の参道を桃や無花果の甘い香り、ウグイスのさえずり等を楽しみながらヒタスラ歩いて行くと三室戸寺へ到着です。

PICgw2-hasu

境内にコレクションされた瓶植え蓮は(苦笑)残念なことに咲き始めたばかり。独特の香りを楽しむことは出来ましたが、見頃というにはちょっと早かったかな。でも庭園はとても素晴らしく、アジサイの咲く頃にまた訪れたいなぁと思ってしまうほどでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やらかしちゃいました

◆そうだ2 1日目 @宇治市源氏物語ミュージアム

宇治駅からの案内標識はあるのだけど逆ルートは全くナシ! なので迷った迷った。この暑いのに~(号泣)しばし途方に暮れていると天の助けと申しましょうか、団体さんご一行を発見!早速尾行開始です(笑)お陰で迷子にならずに済みました。しかし…こんな状況でしたので、どうやら団体さんのひとりと勘違いされた模様。到着早々係りの方に“急いで下さい”と画像展示室に拉致監禁されました(苦笑)仕方がないので云われるがまま、篠田正浩監督作品映画「浮船」を鑑賞するコトにしたのですが…入場料どうするんだろ?

映画作品は、蝋燭が灯る中スモークの焚かれた橋の上を渡り着席する演出や、ホリヒロシ氏製作の人形が醸し出す妖艶な雰囲気などなどが相まって幻想的でした。一見の価値アリです。

え?入場料はどうした?ですか?
スイマセン…結局払えませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同じだぁ感激!

◆7月12日(日)正午 @平 等 院

宇治上神社⇒宇治神社⇒さわらびの道⇒宇治公園 を散策し、いよいよ平等院へ。
10円玉と一緒だぁ!と硬貨を取り出し見比べるというベタなリアクションの後、お宝拝見のため鳳翔館へ。極楽浄土を表した鳳凰堂とは対照的な近代的造りに些か興ざめでしたが、安置されている「雲中供養菩薩像52体」はとても美しく、特に舞姿の菩薩さまの上品な見のこなしは溜息が出るほど。
でもなぁ…世界遺産・国宝ともなると“撮影禁止”が多くって困ります。金閣寺は結構OKだったのに…ブツブツ。

いい加減、歩きつかれたので立派な藤棚の下で一休み。池と鳳凰堂が眺められるので、この休憩ポイントはオススメかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんじゃ?コレ?

◆そうだ2 1日目 @JR宇治駅

PICgw2-uji

炎天下、県神社⇒橋姫神社⇒JR宇治駅と歩きました。もう汗だくです。ペットボトルのお茶は必需品です。
途中立ち寄った古刹「県神社」で、毎年6月5日~6日未明にかけて暗闇の奇祭・県祭が開かれるというお話を耳にしました。一体どんな祭なのでしょうか?ドキドキです。ワクワクです。興味深々です。来年6月・宇治行き決定…かな?

面白いモノ発見しました!さすが茶処ですねぇ。郵便ポストまで「茶ツボ」とは(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山鉾の作り方

◆そうだ2 1日目 @四条烏丸周辺

gionmaturi-2祇園祭の真っ最中の市内にやって参りました。
ちょうど菊水鉾さんトコが 『真木を取り付ける作業』 をなさってたので暫く見学です。写真のような歯車と人海戦術で横倒しにした山を再び立ち上げるワケですが、可なり大変そう。見ている方も成り行きをたたずを飲んで見守っているといた感じです。
立った瞬間、わ~っと大歓声が!拍手の嵐が!!山に神様が宿った瞬間です!!!感激かも~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早めにおやすみなさい。

◆そうだ2 1日目 @お宿

PICgw2-tukihoko 明日も蓮を見に行くので早起きしなくっちゃ!
なので暫く山鉾巡りをした後、宿に戻りました。
しかし…梅雨ってもう明けたんですか?京都はもうすでに夏空になってますケド…。

写真は お宿 の近く 『月鉾』 さんの現場です。釘を使わずに組み立てると聞いておりましたが…。百聞は一見に知かず!骨組みはこんなになっていたんですね。初めて見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月18日 | トップページ | 2004年7月12日 »